« CBR600RR スロットルボディ清掃と同調(前編 | トップページ

2016年1月30日 (土)

CBR600RR スロットルボディ清掃と同調(後編

さて、長くなるので続きです。

前編は↓↓
CBR600RR スロットルボディ清掃と同調(前編

さてスロットルボディが見えてきました。

Dsc00804_r
なかなか汚いですねぇ。

左側の小さい穴2つありますけどこれがアイドルエアーコントロールバルブ(IACV)の穴で、
これでアイドリングの制御をしてます。
なのでアイドリングがすげー不調です!
とかだとここを掃除したことがなければ吹き返しとかで結構汚れているので、確認してみてもいいかも!

Dsc00824_r
掃除します。

Dsc00827_r
綺麗になりましたヽ(´ー`)ノ

さて同調作業に入ります。

Dsc00829_r

Dsc00830_r
シリンダーヘッドの2次エア還元装置(?)
ブリーザーパイプじゃない左右のホースを外してメクラします。
どーせ負圧が掛かるので吸い込まれなければこんな感じでも良いです(正しくはないですけどww

Dsc00833_r
でインシュレーターのとこのニップルに内径φ4のホースをそれぞれ差し込みます

ここでCBR600RRスロットルボディ(正確にはアイドルエアーコントロールの同調)ですが

キャブですと
① #1・#2を合わす
② #3・#4を合わす
③ #2・#3を合わす

てな具合で左右気筒間のバランスをとってやる感じですが

CBRは各気筒にアイドルエアーコントロールの調整ができるので
各気筒を調整して全体を揃える(わかりづらい

感じです。

そんなわけでCBRは#3のアイドルエアーコントロールバルブが正とされて
これを基準に各気筒合わせていくことになります。

#1#3をあわせる
#2#3をあわせる
#3#4をあわせる

てな具合ですね

そんなわけで測定しない気筒の1本は

Dsc00832_r
負圧センサーにつながり

もう1本は

Dsc00834_r
メクラするようにします

で、あとは通常どおりですね
エンジン温めてから合わせる。

各気筒のM5のナット(7mmのナット)を回すと調整出来ます

これがまたカチカチってクリック感であーやっぱインジェクションてデジタルなんだなぁと実感します(そーゆー意味のクリックじゃないよw

そんなわけでこれが同調before afterです!

インジェクションなんで大して気にならんといえばそーなんですが
やはりセミフルパワーでインシュレーターは交換なってるし
フルエキも入れたし
スロットルボディも掃除したしで大分ずれていたようで

これがホントの安定か!と驚きですw

あとは組み上げて終了です!

Dsc00840_r

Dsc00841_r


あ、外装が中華なカウルになりましたww

アンダーカウルは絶賛ツメ修理中ですw
とてもABSとは思えない硬さですw







|

« CBR600RR スロットルボディ清掃と同調(前編 | トップページ

CBR600RR」カテゴリの記事

コメント

http://renon-cb1300p.cocolog-nifty.com/blog/2016/06/post-cf8c.html
上記サイトから貴殿のツイッターに無断転載している画像につきまして
即刻削除していただきますようお願い申し上げます。
なお、削除後にツイッター上にて削除済みの旨ツイートをお願いいたします。

投稿: renon | 2016年7月22日 (金) 13時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CBR600RR スロットルボディ清掃と同調(後編:

« CBR600RR スロットルボディ清掃と同調(前編 | トップページ