« 2012年10月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年11月

2012年11月 4日 (日)

CB400SFV ステムベアリング交換

こんばんわ
すっかり寒くなりました

ここ、東北ではそろそろバイクの冬眠の準備をせねばなりません

が、ぼくは乗れるだけ乗ります
というか街乗りしないので雪のないところにいけば年中乗れるんですけどね(笑)
さて14万kmのCBですけどね
当初からステムベアリングが酷かった
オートセンター機能で(笑)
勝手にハンドルが中立ポジションに。
とりあえずフロントを浮かせて
ステアリングを切ると見事にセンターでベアリングに段付きが出ててセンターで固定されます(笑)
ということで
まずはフロントまわりを分解分解
フェンダー、キャリパ、ホイール、フォークと取っていきまして
(ちなみにセンタースタンドはついてないとフレーム下2箇所にジャッキをかましてフロントアップするんですけどその時にリアタイヤの空気をガンガン抜くと安定します)

Img_0001
フロントまわりがないだけで凄く事故車に見えます(笑)

トップブリッジを外してご対面です

Img_0004
ロックワッシャーを起こして

ナットを取ってやるとステムは取れます。

Img_0007
んで要らないマイナスをちょっと曲げてやって
フレーム側のレースを叩き取ります

ステム側のレースも気合で叩き抜きました(笑)
くれぐれもステムシャフトには打痕を残さないようにしましょう(笑)

この方法でレースをとるともちろんダストシールはグチャグチャになるので
ベアリングはレース含めASSY販売なので問題ないんですが
忘れずにダストシール、ロックワッシャーも発注しておきましょう(笑)

Img_0006

Img_0005
でレースがとれたので

しっかり清掃、グリスを塗ってから
新品レースを打ち込みます
この時に古いレースを使って叩き込んでやると楽です

最後まで打ち込むんですが音が変わるのでわかると思います
そして最後まで打つと古いレースも圧入されちゃうので
取りやすい方向で古いレースは充てがうといいですね

Img_0008
しっかりグリス詰めておきましょう(笑)
なかなかバラすところではないので(笑)

Img_0009
ステムシャフト側はφ32のパイプを使って叩き込んでやると楽です

それでも遥かに大変なんですけど、ずーっとガンガンって(笑)
プレス機が楽だと思います、はい。

あ、ダストシール入れ忘れに注意して下さいね(笑)

僕はこの機会にステムとヘッドライトブラケットを色塗りしました。
艶消し黒で、後期VTECをイメージしたのですが、良い感じです。
結構引き締まります。

Img_0011
あとはベアリングいれてしっかりグリスいれて
ナットを締めて このときの締め具合でハンドリングが変わるんで
気が済むまで締めては緩め、時々ステアリングさせて重さやガタツキを確認して
最終的にガタツキがない限界まで緩めてやって

そしたらロックワッシャーいれて

Img_0013
ロックナットをがっちり締めたらロックを起こして

最後は組み上げて行きます。

で、締め忘れないとこを確認して試走して
100%アライメントは狂ってるはずなので歪み方向を確認して..

Img_0014

ステムブラケットのフォーク止めてるボルトを緩めて一蹴りしてセンターが出ると思います(笑)

いじょ!

Img_0027


| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2013年1月 »